散歩

大雪の警報が出ている日、犬の散歩や寒さ対策はどうする?

投稿日:

 

大雪の警報が出ている日、犬の散歩や寒さ対策はどうする?

 

寒い季節、雪が積もっているときなど
愛犬の散歩をどうしようか迷ってしまいますよね。

 

私たちは服を何枚も重ね着しても寒いのに
そんな時にワンちゃんを外で散歩させて大丈夫なの?
と心配になる飼い主さんもいます。

 

室内でシートにトイレできる子はまだいいですが
どうしても外でしかトイレできない子もいます

そうなると外に連れていかないといけないですよね。

 

 

そこで今回は雪の日に散歩に連れていくときの注意点や
散歩から帰ってきたあとのケアなどを紹介していきます。

 

 

 

愛犬を撫でているとき、プイっと
嫌がられた経験はありませんか?

 

犬は撫でられるのが大好きと言われていますが
嫌がるタイミングというのもあるんです

それってどんな時なんでしょう?

 

犬が撫でるのを嫌がるのってどんな時?

 

スポンサーリンク

アドセンス

犬は雪が好きなの?

童謡でもありますが、実際に雪が降って
庭を駆け回るなんてあるんでしょうか?

 

まあ 我が家の愛犬はそうなんですけどねw
雪が積もったときに庭に出してあげると
いつにも増して元気に走り回りますよ。

 

といっても私が住んでいる地域は
雪が積もって真っ白になるなんてことは
1年に1回か2回ぐらいしかありません。

 

雪国に住んでいるワンちゃんは
雪が積もるのが当たり前なんで、いちいち
はしゃいだりしないと思います。

 

 

雪が好きで走り回るというよりも
いつもと違った雰囲気に興奮してしまって
元気にはしゃぐというのが正解なんでしょうね。

 

 

犬は寒さに強い?

犬は人間よりも体温が1~2℃高く
暑さよりも寒さに対しての方が強いと言われています。

 

ただ、犬種や年齢など犬によって違いますし
最近では室内で犬を飼っている家庭も多いので

 

寒さに強いと言われる犬種であっても
寒いのが苦手なワンちゃんも増えています。

 

寒さに強いか弱いかというのは毛の生え方でわかれ
二重になっているダブルコートの犬種の方が
シングルコートの犬種よりも寒さに強くなっています。

 

シングルコート(寒さに弱い犬種が多い)

南国原産の犬種に多く、毛が抜けにくいのが
特徴ですが寒さには弱い犬が多いです。

 

  • チワワ
  • トイ・プードル
  • シー・ズー
  • ヨークシャーテリア  など

 

 

ダブルコート(寒さに強い犬種が多い)

毛が上毛と下毛という二重構造になっていて
保温効果が高いので、寒さに強い犬が多い。

 

  • コーギー
  • ボーダーコリー
  • ゴールデンレトリバー
  • 柴犬 秋田犬などの日本犬

 

寒さに強い犬種でも、年齢や体調によって異なるので
愛犬の様子をしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

雪の日の散歩で注意すること

基本的には雪の日に散歩に連れていっても
大丈夫だといえます

 

ただ、雪の日の散歩には注意する点があります。
それと雪に慣れていないワンちゃんの場合は
短い時間のお散歩から始めましょう。

 

レインコートや防寒着で濡れ・寒さの対策

毛に覆われているといっても犬も寒さを感じますし
冷たい雪で毛や皮膚が濡れると、風邪をひきやすくなります
防寒着で対策してあげましょう。

 

特に高齢犬や心臓に病気のある犬は寒さに弱いので
しっかりとした防寒対策をすることが大切です。

 

厚手の洋服を着せてあげるのでもいいですが
雪の多い日は、足に雪玉が付いてそのまま凍ってしまう
こともあるので足まで覆われるレインコートがいいですよ。

 

意外と気付かないのがお腹の毛です
雨の日もそうなんですが、けっこう濡れてしまいます

 

全身をカバーできるレインコートを
選んであげるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

温度差に注意

暖かい室内から、突然寒い外に連れていくと
冷たい空気で気管支を傷めてしまう可能性があります

 

特にパグなどの短頭種と呼ばれる鼻の短い犬種は
温度差に弱いので、外に出る前に玄関などで
寒さに慣れさせておくといいです。

 

玄関の扉を少しだけ開けて、外の空気を入れることで
寒さに慣れさせるという方法も有効です。

 

肉球にも注意が必要

犬の肉球は分厚い脂肪の層で出来ていて
その上を硬いケラチンで覆われています。

 

人間の足の裏と比べて、多少の暑さや寒さにも
耐えられるようになっています。

 

ただ、冷たい雪の上を長い時間歩いたりすると
少しずつ傷んできてしまいます

 

それに雪が積もったときには、雪を融かすための
凍結防止剤や融雪剤が撒かれることがあり

 

主成分である塩化カルシウムは肉球に
炎症を起こすとされています。

 

できれば雪の日の散歩には、犬用ブーツや
靴下を履かせて対策してあげるといいでしょう。

 

 

雪の日の散歩から帰ったあとのケア

普段の散歩であれば帰ってきてから
「ウエットシートで足の裏を拭くだけ」

というのでいいかもしれませんが
やはり雪の日の散歩はそれ以外のケアも必要です。

 

雪玉の処理

犬が雪の上を歩いたり走ったりすると
雪玉と呼ばれる雪のかたまりが毛に付いてしまいます。

 

私も初めて見たときは

『何だこの丸いのは!?』

 ってビックリしてしまいました。

 

毛が長い犬種の場合、奥の方にできてしまい
からまって毛玉の原因にもなります

 

毛が濡れたままになっていると風邪をひきやすくなるので
ドライヤーで雪玉を融かしつつ、しっかりと
濡れた毛も乾かすようにしましょう。

 

しもやけの予防

冷たい雪の上を歩くことで肉球が
ひび割れやしもやけを起こすことがあります。

 

しもやけで足の裏が痛くなり、それを抑えるために
舐めたことで炎症がさらにヒドくなるケースもあるので
予防してあげることが大切です。

 

まず雪の日の散歩から帰ってきたら
ぬるめのお湯で足の裏を温めながら洗います。

 

凍結防止剤などが残っていると肉球を傷めてしまうので
しっかりと洗い流してあげましょう

 

その後に肉球用の保湿クリームを塗ってあげることで
ひび割れやしもやけのケアができます。

 

 

飼い主の対策

愛犬の対策ばかりに気を取られるのも良くないですね
私たち飼い主も転ばないよに気を付けないといけません。

 

動きやすい服装にする

寒いからといって厚手の服を何枚も
重ね着すると動きにくくなってしまいます。

 

ツルっと滑ったときに、とっさに体勢を立て直せず
転んでしまうこともあり危険です。

 

発熱素材の肌着を身につけることで
寒さもかなり軽減できるので、寒さ対策だけではなく
動きやすさも気をつけるようにしましょう。

 

滑りにくい靴を履く

普段犬の散歩に行くときは何を履いていますか?
サンダルやスニーカーでしょうか。

 

雪の日にサンダルで散歩に行く人はいないでしょうが
スニーカーも意外と滑りやすいので注意しましょう。

 

靴底がゴムで出来ているものを選ぶようにし
ゴムが柔らかく、できるだけ靴底の溝が
深いものがオススメです。

 

転びにくい歩き方

  • 小さな歩幅で歩く

歩幅が大きいと足を高く上げないといけません。
そうすると当然、体の揺れが大きくなり、転びやすくなります
滑りやすいところでは、小さな歩幅であるきましょう。

 

  • 靴の裏全体をつけて歩く

雪道を歩くときは、重心を前におき、
できるだけ足の裏全体をつける気持ちで歩きましょう。

前かがみに歩くのをイメージするといいです。

 

つるつるした路面では「すり足」のような歩き方が有効です
ただし「すり足」といっても、完全に地面を擦りながら歩くと
つまづく原因にもなるので、軽く足を浮かせて歩きましょう。

 

 

滑りやすい場所を避ける

  • 横断歩道

横断歩道は車や人がたくさん通るところなので、雪が踏み固められやすく、
さらに停まっている車が発進するときのタイヤの摩擦によって
道路が磨かれるのでとても滑りやすくなります。

 

横断歩道の白線部は、普通の舗装部分と違い水が染み込まないため
薄い氷の膜ができやすく、予想以上に滑る場合があります
なるべく白線の上は歩かないようにしましょう。

 

 

  • 車の出入りがある場所

駐車場の入り口や、ガソリンスタンドなど
車の出入りのある歩道は、雪が車のタイヤに
踏まれて固くなりやすくなります。

 

さらにタイヤの摩擦で磨かれるので
非常に滑りやすくなって危険です。

 

 

まとめ

雪の日の犬の散歩や寒さ対策について
紹介してきましたが

 

場合によっては無理に外にでるのは危険なことがあります
その判断はしっかりとして下さい。

 

散歩に行けないときには室内で遊んであげるなど
普段よりスキンシップを多めにしましょう。

 

一緒に遊んであげることで、散歩に行けない愛犬の
ストレスや運動不足を解消してあげるといいですね。

 

 

アドセンス

アドセンス

-散歩

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.