病気

犬が目をこするしぐさの意味。目の病気、逆まつげかも

投稿日:

 

犬が目をこするしぐさの意味。目の病気、逆まつげかも

 

新たにうちの家族に迎え入れた1歳のミニチュアダックス

その子がいつも目のまわりを濡らしてたんです
気になって様子を見てたんですが

 

時々目をこするしぐさをするんですが
涙がでるほどやっているわけじゃないんですよね。

 

 

「目の病気なのかな?」

 

 

かかりつけの獣医さんに診てもらうと
炎症をおこしてるのかもしれないということで
目薬をもらい様子をみることに。

 

しばらく続けてみたんですがよくならず
片方だけいつも涙で濡れてる状態で
涙やけでその部分だけ毛の色が茶色くなってました。

 

 

動物病院にも得意、不得意の分野があるので
目を専門にしている病院に行ってみると

 

逆まつげという診断でした

 

今回は目の病気の一種である「逆まつげ」について
ご紹介していきます。

 

 

 

あなたの家のワンちゃん、鼻水やくしゃみしていませんか?
犬の風邪についてはこちらの記事をお読み下さい
犬に人の風邪はうつる?犬の風邪の症状や対策法

 

 

犬の逆まつげとは?

 

人間でもよく耳にする逆まつげなんですが
実は犬にもあるんです。

 

 

まつ毛は通常、外側に向かって生えています

目の中にゴミやホコリが入らないように守ったり
目の水分を維持して乾くのを防ぐ役割があります。

 

そのまつ毛が何らかの原因で内側に向かって
生えてしまっている状態が逆まつげです。

 

放っておくと目の表面を傷つけたり、
炎症をおこしたりして他の目の病気の原因にもなります。

 

 

涙がたくさん出たり、いつも目が気になって引っ掻くしぐさを
していたら逆まつげかもしれません。

 

 

逆まつげの症状

 

私達もまつ毛が抜けて、目に残っているだけで
チクチクして涙がたくさん出ますよね

あの状態がずっと続いてるって想像したくないです。

 

逆まつげの症状

  • 涙が増える
  • 目ヤニが多く出る
  • 目の周りが腫れる

症状による犬のしぐさ

  • 目をこする
  • まばたきが増える
  • 目をつぶる

 

 

涙が増える、目ヤニが多くでる

逆まつげによって眼球が刺激されます

症状がひどい場合は目を覆うぐらいの目ヤニがでたり
いつも涙で濡れることで、目の周りの毛が赤茶色くなります。

 

目の周りが腫れる

チクチク刺激される痛みやかゆみで目をこすってしまいます。
自分で目薬をさすこともできないので仕方ないですが
炎症をおこして腫れることもあります。

 

 

逆まつげの原因

 

逆まつげの原因には、まぶたが内側に反り返る症状と
通常とは違う場所にまつ毛が生えてしまうものがあります。

 

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

まつ毛は本来の場所に生えているんですが
何らかの原因でまぶたが内側に反り返った状態です。

まぶたが反り返ることで、内側を向いたまつ毛が
常に眼球を刺激してしまうんですね。

 

治療法

  1. まつ毛を抜く
  2. 内反矯正手術

眼球を刺激しているまつ毛自体を抜くことで
症状を防ぐことができます。

 

まぶたの変形が大きい場合、皮膚を切り取るといった
手術が必要です。

 

異所性睫毛(いしょせいしょうもう)

まつ毛が本来の場所よりも内側に生えている状態です

常にまつ毛が眼球に接しているので、痛みや不快感を
感じてしまいます。

 

治療法

  1. まつ毛を抜く
  2. 目薬で症状を軽くする

目薬をさしたり、まつ毛を抜くことで
一時的に症状をおさえる効果はあります。

 

でも1ヶ月ほどでまつ毛は生えてきますし
目薬もさし続けることになるんです。

 

原因を取り除くためには手術をするしかないですね。

 

 

まとめ

 

目に小さなゴミが入っただけで痛くて涙がでるのに
常にまつ毛が当たっている状態というのは
犬にとってもそうとうなストレスですよね。

 

いつも目をこするしぐさをしていないか?

常に涙で濡れた状態じゃないか?

飼い主さんがよく観察してあげて下さい
気になったときは動物病院で診てもらいましょう。

 

あと、自分でまつ毛を抜くのは絶対にやめて下さいね。

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-病気

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.