散歩

小型犬の散歩の時間帯 注意点は?

更新日:

 

小型犬の散歩の時間帯 注意点は?

 

 

a0800_001172

 

 

 

 

愛犬との楽しい散歩ですが

夏場は特に注意が必要です

 

 

 

そこで、散歩の時間帯や注意点などをお話します

 

 

 

 

 

夏場の散歩の時間帯は?想像以上に熱いですよ

 

 

 

 

夏場の散歩で一番注意しなければいけないのは

 

 

時間帯です

 

 

 

 

 

人間でも真夏の昼間に外を歩くと

汗ビッショリでかなり暑いですよね

 

 

 

 

当然ですが犬も同じです

 

 

 

 

特に小型犬は人よりも地面に近いところを歩きます

アスファルトの照り返しもかなりキツイです

 

 

 

 

 

舌を出してハァハァ言ってる姿

見たことあると思います

 

 

 

 

 

犬は人間のように汗をかいて体温調節できません

なので舌を出して調節しています

 

 

 

 

あと、気をつけていただきたいのは

 

 

地面の温度です

 

 

 

 

直射日光にさらされたアスファルトは

50~60℃になると言われています

 

 

 

 

アスファルトの熱で肉球を火傷する恐れがあります

 

 

 

一度ご自身で触ってみて下さい

想像以上の熱さでビックリすると思います

 

 

 

 

 

ですから、昼間の暑い時間帯を避け

 

 

暑くなる前の早朝や

 

 

 

涼しくなってからの夕方に散歩しましょう

 

 

 

散歩に行く前は、アスファルトを触ってみて

大丈夫か確認して下さいね

 

 

 

 

 

熱中症対策も忘れずに

 

 

 

 

 

炎天下の散歩の危険性をお伝えしましたが

日が暮れてもまだまだ暑いこともあります

 

 

 

 

なので、熱中症対策もしておきましょう

 

 

人間よりも顔の位置が低く

照り返しなどで空気も熱くなっていて

呼吸もしづらい状態です。

 

 

 

発症すると、急激な体温の上昇や

よだれを垂らすようになったり

 

ひどい場合には呼吸困難、チアノーゼなどを起こし

命に関わることもあります。

 

 

 

犬は汗をかきにくく、体温調節が苦手です

暑い時間には散歩に行かないなど

熱中症にならないように気をつけましょう。

 

 

 

 

日頃からの注意点として

夏の間はブラッシングを念入りにして下さい

 

 

 

 

毛が固まった状態だと熱がこもってしまい

余計に暑さを感じてしまいます

 

 

 

 

また、散歩に行く時はいつでも水分補給できるように

飲み物を持参し、こまめに飲ませましょう

 

 

 

 

 

1年のうち夏場は特に注意が必要な時期です

せっかくの飼い主さんとの楽しい時間ですから

愛犬が快適に散歩できるようにしましょうね

 

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-散歩

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.