しぐさ・行動

犬が撫でてほしい時にする行動!お手をしてくることも?

投稿日:

 

犬が撫でてほしい時にする行動!お手をしてくることも?

 

犬は飼い主さんに撫でられるのが大好きです

 

愛犬にとっても飼い主さんにとっても
スキンシップはとても大切です。

 

犬が撫でてほしい時にどんな行動をするか知っておくと
アピールしてるんだなと分かります

 

 

犬が飼い主さんに撫でてほしい時
どんな行動をするのか紹介していきます。

 

 

 

注意してもなかなかヤメてくれない爪噛み
どんな意味があるか知っていますか?

犬が爪を噛むのはなぜ?その原因と対策!

 

スポンサーリンク

アドセンス

仰向けになってお腹をみせる

そばに寄ってきて、急にゴロンと
仰向けに寝転がることってありますよね?

 

これも撫でてほしいというサインなんです
お腹をみせているので、特にお腹辺りを撫でてほしいと
アピールしています。

 

 

知っている人も多いと思いますが
犬にとってノドやお腹は弱点になります。

 

弱点を見せて撫でてほしいと甘えるということは
飼い主さんに強い信頼感を持って安心している証拠ですね。

 

 

我が家の愛犬も、私が部屋で仕事してると
リビングからトコトコと足元にやってきて
ゴロンとすることがあります。

 

そんな時はお腹を撫でてあげるんですが
ある程度撫でて『はい、終わり』と言うと
またトコトコ帰って行っちゃうんですね。

 

 

前足を乗せてくる

テレビを見ている時やソファーに座っている時に
愛犬が近寄ってきてヒザなどにチョンチョンと
前足を乗せてくることはないですか?

 

これも撫でてほしい、かまってほしいサインです。

 

前足を乗せてくる行動は
「自分に注目してほしい」という気持ちからきています。

 

 

この動きは撫でるのをやめた時にもすることがあります
もっともっとと何回もお手をしてきたり・・・

 

可愛らしいしぐさなんですが
言うこときいてばかりも良くないです

詳しくは後で説明します。

 

 

似たようなしぐさで、アゴを乗せてくる
というのもありますね。

 

私もソファーに座っているときに愛犬が
となりにきて、アゴをちょこんと乗せることがよくあります

 

 

前足を乗せる動きと似ていますが
前足の場合は「撫でてほしい」という気持ちが強いですが

 

アゴを乗せてくる場合は
飼い主さんの側で安心している気持ちが強く
「できれば撫でてほしい」という感じです。

 

 

そんな時は、撫でてあげるとより安心して
幸せな気持ちになるので優しく撫でてあげましょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

体をすり寄せてくる

飼い主さんに体をスリスリとこすりつけるのは
犬の愛情表現の1つです

 

飼い主さんに「甘えたい」「撫でてほしい」
という気持ちのあらわれなんです。

 

 

この時に撫でてあげると、となりに寝転がる子もいます
優しく撫でて満足させてあげましょう。

 

 

顔を舐めてくる

顔や口を舐めてくる犬ってたくさんいますね

苦手な人もいると思いますが、犬にとっては
愛情をあらわしている行動でもあるんです。

 

私も口を舐められるのは苦手ですが
鼻ぐらいならいいかなと思って、時々は
そのまま舐めさせることもあります。

 

 

元々は子犬が母犬に甘えるときにする動作ですが
そのまま残っていて、親のように思っている飼い主さんに
甘えたいときに出てしまうんですね。

 

 

甘えたいときにする行動なので
犬としては、撫でてほしい、かまってほしい
という気持ちのあらわれです。

 

 

ただ、口を舐められるというのは
犬にとっても人間にとっても、あまりいいことではないです

 

バイ菌が口の中に入ってしまうこともあるし
犬にとってなものが人間の口のまわりに
付いている可能性もあります。

 

 

口を舐めようとしてきたら
やめさせるしつけをしましょう。

 

 

要求のききすぎは良くない

カワイイしぐさで「撫でて」とお願いしてくると
飼い主さんにとっては毎回応えてあげたくなります。

 

でも犬が撫でてほしいと思っているとき
飼い主さんにもやらないといけない事がある場面もあります

 

そんな時は毎回かまってあげるのではなく
用事が終わってから撫でてあげるようにしましょう。

 

 

要求されるたびに毎回かまっていると
犬は自分の方が偉いと勘違いしてしまいます

 

「要求すれば従ってくれる」

と思うようになると、行動がどんどんエスカレート
してしまいます。

 

 

初めはちょんと足やアゴを乗せるだけだったのが
自分の要求が通らないとなると

 

吠えるようになったり、もっと悪化すると
唸る、噛むなどに発展してしまうこともあります。

 

 

 

どうしても外せない用事があって、かまってあげられないと
犬としては「どうして?」という気持ちが強く

 

かまってもらえない事に大きな不安を感じて
ストレスになってしまう子もいます。

 

 

対策

意識しないといけないことは

  • 撫でるタイミングは飼い主さんが決める
  • 犬が撫でてほしいといったから撫でるのはやめる

 

毎回要求に応えることはしないで
時にはそっぽを向いて無視しましょう

 

その後、飼い主さんのタイミングで
撫でてあげるというようにして下さい。

 

 

無視する場合には、目を合わせない
そっとその場から立ち去るなどを
意識するといいと思います。

 

 

まとめ

 

「うちの子はアゴをよく乗せる」というように
当てはまる飼い主さんもいたんじゃないでしょうか?

 

信頼してくれて甘えてくる姿は
とってもカワイイですよね

 

ついつい撫でてあげたくなるという人も多いと思います。

 

 

撫でてあげること自体は、犬にとっても
飼い主さんの愛情を感じられていいことなんですが

 

かまいすぎが良くないことも紹介しました
適度に応えてあげることが大切です。

 

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

アドセンス

-しぐさ・行動

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.