お役立ち情報

犬の避妊手術、費用や時期は?

更新日:

 

犬の避妊手術、費用や時期は?

 

 

 

70_1123885

 

 

 

メス犬の飼い主さんが考える事の中に避妊手術があります

ここでは、避妊手術の費用や時期

メリット、デメリット等を紹介します

 

 

 

 

避妊手術の方法は?

 

 

 

避妊手術は方法が2つあります

 

 

  • 卵巣だけを摘出する手術
  • 卵巣と子宮の両方を摘出する手術

 

 

現状は両方摘出する方が一般的です

 

 

 

 

基本的にはどちらにするか方針を決めている動物病院が多いので

獣医さんに相談してから決めてください

 

 

 

 

避妊手術の時期は?

 

 

 

 

避妊手術の時期は、主に2つあり

最初の発情を迎える前か最初の生理後か

 

 

 

 

メス犬が初めて発情を起こすのは

生後7ヶ月を過ぎてからです

 

 

 

 

仔犬を飼い始めたらすぐに検討し

早めに信頼できる獣医さんを見付けておきましょう

 

 

 

 

 

避妊手術の費用は?

 

 

 

 

避妊手術の費用は犬種によって異なります

目安として2~5万円程度と考えておきましょう

 

 

 

 

当然ですが、大型犬の方が高額になります

 

 

住んでいる地域によっては補助金が出る場合がありますので

獣医さんか行政に問い合わせてみましょう

 

 

 

 

 

避妊手術のメリット

 

 

 

 

・特定の病気にかからなくなる

 

  「子宮蓄膿症」「卵巣腫瘍」などの病気にかからなくなる

  
  これらは命に関わる病気です

 

  老犬になって病気になってしまうと

 

  手術自体にも大きなリスクが伴います

 

 

・発情に伴うストレスがなくなる

 

  発情期に犬は敏感にストレスを感じます

 

  うち飼っている犬も手術前は

 

  体をグネグネしながら鳴いていました

 

 

 

 

避妊手術のデメリット

 

 

 

 

・全身麻酔をする

 

  どんな手術にもリスクを伴います

 

  一番の不安は全身麻酔による危険だと思います

 

  麻酔のアレルギー反応が出ることもあります

 

 

 

  しかし、麻酔や手術自体に耐えられるか等

 
  事前検査もありますので、かかりつけの獣医さんなら

 
  過度な心配は必要ないと思います

 

 

・太りやすくなる

 

  これは一番有名なデメリットではないでしょうか

  しかし勘違いしてはいけないのは

 

 

 

  避妊手術をしたから太るという事ではありません

 

 

 

  避妊をすると今まで発情に使っていたエネルギーが必要なくなります

 

  ですが同じような食事量を続けていると

 

 

 

  カロリーオーバーになって太ってしまいます

 

 

 

  低カロリーの食事に変えたり

 

  たくさん運動させるなどすれば

 
  この問題は回避できるでしょう

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

避妊手術についてまとめてみました

 

 

 

仔犬を飼い始めてすぐに考える問題ですが

飼い主さんにとっては初めての事で戸惑うと思います

 

 

 

 

信頼できる獣医さんを見付けて、よく相談し

飼い主と愛犬にベストな選択をして下さい

 

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-お役立ち情報

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.