散歩

犬が散歩の時に引っ張る!リーダーウォークの必要性

投稿日:

 

犬が散歩の時に引っ張る!リーダーウォークの必要性

 

犬を飼っている人の日課といえば散歩ですよね

 

普段どんな風に散歩していますか?
愛犬が自由に行きたい方向にグイグイと飼い主さんを
引っ張って行ったりしていないでしょうか

 

「犬を散歩させている」というよりも
「犬が人間を散歩させている」なんて光景も見たりします。

 

 

リーダーウォークを覚えると散歩するのが
楽になるだけではなく、愛犬の身を守ることにも
つながってきます。

 

そこで今回は、リーダーウォークとは何なのか
リーダーウォークの必要性や、しつけ方などを
紹介していきます。

 

スポンサーリンク

アドセンス

リーダーウォークとは

リーダーウォークとは散歩中に犬を飼い主さんの
横につけて歩かせることを言います。

 

人が主導権を持って歩くということです。

 

飼い主さんがリーダーとなって、歩く早さや方向を決め
飼い主さんが止まれば、犬も横できちんと止まり、座る
といった歩き方です。

 

 

犬は自分よりも上だと思った人に
ついて行ったり、甘えたりする動物だと言われています。

 

リーダーウォークがちゃんとできる
つまり飼い主の横にきちんと付いて歩けるということは
犬が飼い主さんをリーダーと認めて信頼している証拠です。

 

 

リーダーウォークの基本

  • 人の左側を歩く
  • 人より前に出ないで歩く
  • 飼い主の早さに合わせて、左側についたまま歩く
  • 飼い主が止まったら自分も止まり、オスワリする
  • 飼い主にあわせて歩き始める

 

リーダーウォークにはこのような基準があります。

 

 

リーダーウォークの必要性

リーダーウォークは分かったけど、
それって必要なの?
犬の好きに歩かせた方がいいんじゃないの?

 

という風に考える人もいるかもしれません
しかし、リーダーウォークができることによって
人間にも犬にもメリットになることがあるんです。

 

散歩が楽になる

リーダーウォークをすると飼い主さんが
主導権を握りやすくなるので、散歩するのが楽になります。

 

小型犬でもグイグイ引っ張られると
リードを持っている手が痛くなってしまいます

 

もしそれが大型犬だったら・・・
まともに散歩できませんよね、散歩させるのも一苦労。

 

犬は何かに気を取られると、急に走り出したりすることがあり
体力がなかったり力が弱い人は、転倒してのケガや
犬が逃げ出してしまう恐れもあります。

 

飼い主さんにとって散歩は毎日のことなので
ちょっとしたストレスが原因になって
時間が短くなったり、行かなくなることもありえます。

 

リーダーウォークができるようになると
飼い主さんのペースに合わせて歩くので、引っ張ることもなく
落ち着いて散歩ができるようになります。

 

やはり愛犬とは、楽しく散歩に行きたいですよね。

 

 

事故の防止

リーダーウォークができるようになると
愛犬の身を守ることにも繋がります。

 

犬がリードを引っ張って、飼い主さんの前を歩いていると
急に飛び出してきた自転車や車から犬を守れません。

 

曲がり角で突然、人や犬が出てきた時に
愛犬がビックリして飛びついてしまいケガをさせる危険も。

 

リーダーウォークができると飼い主さんの横について歩くので
とっさの時に制御することができます。

 

 

拾い食い防止に役立つ

リーダーウォークによって犬が前を歩かなくなることで
落ちている物を飼い主さんが先に見つけやすくなります。

 

落ちている糞やゴミのニオイを嗅いだり、食べたりする子は
そこから細菌が入り、病気になる恐れもあります。

 

何か落ちているのを見付けたら、避けて通ることで
口にしてしまう前に対策し愛犬を守ることができます。

 

 

犬の体の負担が減る

飼い主を引っ張っている犬は前傾姿勢になっています。

 

犬に引っ張られまいと飼い主さんもリードをグイグイ引き
自分のとなりに付けようとしますが、これでは逆効果なんです
犬はさらに前に行こうと力を入れてしまいます。

 

このような状態は犬の体に大きな負担をかけることになり
首の骨、腰やヒザを悪くしてしまう恐れがあります。

 

スポンサーリンク

アドセンス

犬が安心して歩ける

リーダーウォークだと自分の思うように歩けなくて
犬は窮屈に感じていると思っていませんか?

 

犬がグイグイと前に出て歩いているという事は
飼い主さんをきちんとリーダーと認識していない状態。

 

そのため、色々なことが気になり
「アレは何だ?」「警戒しなきゃ!」「何とかしないと!」と
自分が自分がと頑張ってしまいます。

 

 

飼い主さんがリーダーシップをとれていれば
愛犬は安心して横に付いて歩くことができ

 

「この人のとなりにいれば安心だ」と
余計な気を回すことなく、落ち着いて散歩できるんです。

 

 

リーダーウォークのしつけ方

 

「ツケ」を覚えさせる

リーダーウォークの基本の動きとなる
飼い主さんの横につくという事を覚えさせましょう。

 

飼い主さんと同じ方向を向いて
左側についてオスワリしている状態が完成形です。

 

 

まず、右手でオヤツを持ちニオイを嗅がせます
そのまま飼い主さんの後ろを通るように誘導します

 

体の後ろで左手にオヤツを持ち替え
自分の左側まで犬を誘導したところで「ツケ」と号令
上手くできたらオヤツを与えます。

 

時計回りの方向に自分の体の周りを
グルグル回らせる感覚でやると成功しやすいです。

 

ある程度できるようになったら、犬を待たせたまま
一歩前に出て、「ツケ」とできるようにしてみましょう。

 

 

号令だけで出来るのが一番いいですが
なかなか上手くいかない時は、号令と同時に
自分の左足をポンポンと叩くと犬にも場所が分かりやすいです。

 

リードをつけての「ツケ」

犬が「ツケ」の動きと場所を覚えたら
室内でリードをつけて歩いてみましょう。

 

しっかりと犬が飼い主さんの左側にいるように
少しずつオヤツを与えながら歩きます。

 

左右に曲がってみたり、回れ右をしてみたり
色々な動きに慣れさせて下さい。

 

 

だんだんとオヤツを与える回数を減らして
最終的には褒めるだけでいいようにしましょう。

 

外に出てのリーダーウォーク

外には他の犬のニオイ、通行人や道路を走る車など
犬が気になるものがたくさんあります。

 

いきなり外に出てからやろうとしても失敗します
室内で十分に出来るようになってからにしましょう

 

家の中だとオスワリもお手もちゃんと出来るのに
外でやろうとしても、なかなか上手くいかないものです。

 

 

外に出ても、すぐに散歩コースに行くのではなく
最初は家の周りで、室内と同じトレーニングをします

 

家の周りで出来るようになったら
次は少しずつ範囲を広げていって下さい。

 

だんだんと慣らしていくことで、最後には
どこに行ってもきちんと隣に付くようになります
そうなればリーダーウォークは完了ですね。

 

焦らず根気よくトレーニングすれば
必ずできるようになります。

 

 

まとめ

今回は犬の散歩の仕方、リーダーウォークについて
ご紹介してきました。

 

飼い主さんが楽に散歩できるようになるだけじゃなく
ふいの事故から愛犬を守ることにも繋がることが
お分かりいただけたと思います。

 

 

飼い主さんの横にしっかり付いて歩く犬は
見ていてとてもカッコイイものです

 

ぜひリーダーウォークをマスターして
愛犬と楽しい散歩に出掛けて下さい。

 

 

アドセンス

アドセンス

-散歩

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.