病気

犬が手術をするとき麻酔は何歳まで大丈夫?全身麻酔のリスクとは

投稿日:

 

犬が手術をするとき麻酔は何歳まで大丈夫?全身麻酔のリスクとは

 

 

犬に対して麻酔を使うと言うと
手術を思い浮かべるんじゃないでしょうか?

 

麻酔には局所麻酔全身麻酔があります。

 

局所麻酔は特定の部分だけを麻痺させて
小さな傷の治療などのときに使われます。

 

全身に麻酔をかけ、眠ったような感じにして
その間に治療するのが全身麻酔です。

 

 

 

人間の場合、ちょっとした傷を縫ったり抜歯などは局所麻酔
大きな外科手術であれば全身麻酔をかけますが

犬の場合も同じというわけではないんです。

 

 

犬は局所麻酔を使うのはごく一部で
ほとんどの場合、全身麻酔による治療になります。

 

 

大きなケガや避妊手術などはもちろんですが
歯石除去やMRI、CTなどの検査でも使います。

 

 

私たちは歯医者に行って歯石をとるのに全身麻酔なんかしませんよね
じゃあ何で犬は全身麻酔が多いんでしょうか?

 

理由は、大人しく治療を受けられないからなんです。

 

MRIやCTなどは検査に時間がかかります
途中で動いてしまうと正確に検査ができないですね
終わるまでじっとしてる犬なんていないと思います。

 

 

歯石の除去も途中で暴れたりすると
スムーズに治療できないし、ケガをさせる恐れもあります。

 

そういった事情で多くの動物病院が、検査や処置のとき
全身麻酔を使っているということなんです。

 

 

麻酔である以上、リスクを伴うということを
飼い主の責任として知っておかないといけません

今回はそんな麻酔について紹介していきます。

 

 

 

 

あなたの愛犬、吐いたりすることありますか?
犬はよく吐く動物って言われたりしますが
何かの病気のサインかもしれません

→犬はストレスで吐く?黄色や赤色の嘔吐の原因は?

 

 

 

犬の麻酔、何歳まで大丈夫?

 

安全性が高まってきているという犬の麻酔ですが
リスクを伴うというのも事実です。

 

犬にはほとんどの場合、全身麻酔を行うと言いましたが
年齢制限はあるんでしょうか?

 

 

老犬に麻酔を使うリスク

「うちの子、歳とってきたけど麻酔大丈夫かな?」と
心配になる飼い主さんも多いと思います。

 

特に老犬といわれる10歳以上の犬(大型犬は8歳)は
若い子と比べ麻酔の影響による体の負担が大きいです

 

術前に十分な検査が必要な場合が多いですが
年齢制限自体はありません。

 

 

でも歳をとってくると体力も落ちますし
体のあちこちに疾患が見られる場合も多く
リスクが高くなるのは事実です。

 

 

麻酔による死亡率

麻酔をしたことで最悪の場合、死に至るケースもあります。

0.1% 1000頭に1頭という割合で命を落としています

 

これだけだと多いのか少ないのか判断しにくいですが
人間の場合、1万人に1人といわれているので
思いのほか高い数字ではないでしょうか?

 

 

 

犬種によるリスク

 

  • シーズー
  • パグ
  • ブルドッグ
  • フレンチブルドッグ
  • ボストンテリア
    など

 

短頭種と呼ばれる犬種なんですが
特に麻酔のリスクが高いと言われています。

 

 

理由としては、元々鼻の穴が狭く呼吸がうまくできない
犬が多い短頭種は麻酔をかけたときに呼吸が不安定に
なったり、呼吸困難になるケースがあるからなんです。

 

短頭種の麻酔は「かけ始め」と「目覚めるとき」が
1番危険だといわれています しっかりと獣医さんに
見守ってもらうようお願いしたほうがいいですね。

 

 

 

持病によるリスク

 

麻酔は心臓や呼吸器に大きな負担をかけてしまいます

それらの持病がある犬は、通常より負担が大きくなるので
麻酔によるリスクはさらに高くなります。

 

 

肝臓は麻酔薬を分解するのに働きます
腎臓は体外に麻酔薬を排出します

肝臓、腎臓の昨日がしっかりしていないと
麻酔をかけることができません。

 

 

肝臓が弱っている場合などは
副作用で肝機能が低下することもあります。

 

 

  • 肥満にも注意

肥満も持病の一種と考えられますね

もともと心臓や呼吸器に負担がかかっているので
リスクも高くなってしまいます。

 

普段から食事や運動など、しっかり
健康管理してあげましょう。

 

こういった持病を抱えている場合
獣医さんとよく話し合い、納得したうえで
麻酔を使いましょう。

 

 

 

 

飼い主さんが考えるべきこと

 

本当に必要な手術か?

 

麻酔にはリスクがあるという説明をしてきましたが
しなければならない手術というのはあります

そのときは必ず麻酔しなければいけません。

 

 

手術をしなければ命を落としてしまうような
状況のときは、当然必要になってきますが
中にはしなくても問題ないケースもあります。

 

歯石の除去や室内犬の去勢・避妊手術などは
今すぐしなくても命に関わることはありません

※ただし、別の問題が発生するリスクはあります
 こちらの記事に書いています
 →犬の避妊手術、費用や時期は?

 

 

 

全身麻酔をすることに変わりはありません

歯石除去や去勢・避妊はよく聞くからと
手術自体を簡単なものと考えるのはやめましょう。

 

愛犬にとって本当に必要なものか
飼い主さんがしっかり考えてあげて下さい。

 

 

 

信頼できる獣医さんか?

 

手術をお願いするということは
獣医さんに愛犬の命を預けるということです。

安易に手術をすすめたりしませんか
麻酔のリスクを説明してくれますか?

飼い主さんが納得するまで
ちゃんと相談にのってくれますか?

 

 

本当に信頼できる獣医さんを見付けて
しっかり説明を聞き、納得してから
治療をお願いすることが大切ですよ。

 

 

 

また、セカンドオピニオンというのを
聞いたことがありますか?

 

かかりつけの病院だけじゃなく
ほかの獣医さんの意見を聞いてみる方法もあります。

 

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-病気

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.