しぐさ・行動

犬が爪を噛むのはなぜ?その原因と対策!

投稿日:

 

犬が爪を噛むのはなぜ?その原因と対策!

 

 

愛犬が爪を噛むの、注意してもなかなかヤメてくれないですよね

 

我が家の愛犬の中にもよく爪を噛む子がいます
気付かないでいると爪の中が空洞になるくらい噛んでいます。

 

 

あまり頻繁に噛んでいると心配になりますよね
そもそも何か理由があるんでしょうか?

 

もしかして病気?ただのクセなの?

 

 

犬が爪を噛む原因や、その対策
爪を噛むのをやめさせる方法など紹介していきます。

 

 

 

 

犬が仰向けで寝てる姿って、とてもカワイイですよね
仰向けになる犬の行動にはどんな意味があるんでしょう?

犬が仰向けでお腹をみせる気持ちは?

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

犬が爪を噛む原因と対策

 

ストレスが理由になっている

犬が爪を噛む原因のひとつにストレスがあります。

 

 

生活環境、散歩の時間が短いことでの運動不足
飼い主さんが忙しくてかまってくれないなど

 

色々なストレスが原因になって爪を噛んだり
足を舐め続けたりすることがあります。

 

 

今の時代の犬を飼う環境として
日中は学校や会社などで誰も家にいないことも多く
長い時間一人でお留守番している子もいます。

 

それが原因でストレスを感じているワンちゃんも
たくさんいるんですね。

 

 

運動不足がストレスの原因になっているなら
散歩の時間を長めにしてあげたり
休日に公園やドッグランで思いっ切り走らせてあげましょう。

 

 

留守番の時間が長く寂しい思いをしているなら
スキンシップや一緒にいる時間を増やしてあげるなど
愛犬のストレスを減らすことが大切です。

 

 

緊張している

緊張したり、落ち着かなかったりすると
気持ちを落ち着かせるために爪を噛むことがあります。

 

人間でもみられる行動ですよね
安心するために爪を噛んだり、意識していなくても
指をしゃぶる子供もいます。

 

 

生活環境がガラリと変わることで緊張してしまう子もいるので
部屋の模様替えを何度もしない、引っ越しを繰り返さないなど

 

愛犬が安心して生活できる環境を
整えてあげましょう。

 

 

爪が伸びていませんか?

爪が伸びているのが原因で気になって爪を噛むこともあります。

 

爪が伸びていると歩きにくいし
長すぎると肉球や皮膚に食い込んでしまいます。

 

 

アスファルトの上を散歩していれば
自然に少しずつ削れていきますが、それだけだと足りません

 

運動量や散歩の長さなどに関係なく
どの犬でも定期的なチェックや爪切りが必要です。

 

 

それと、狼爪(ろうそう)は知っていますか?
犬の足の内側で普通の爪よりも上の方にあります

 

狼爪は生えている子と生えていない子がいますが
生えているからといって異常ではありません。

 

 

この狼爪は地面に触れることがないので
放っておくとどんどん伸びてしまいます

 

そのうち皮膚に食い込んでケガをしてしまうので
定期的に切ることが必要になってきます。

 

スポンサーリンク

アドセンス

ドッグフードにも注意

ドッグフードに含まれている化学物質によるアレルギーで
手足にかゆみなどが出て、噛んでしまうことがあります。

 

ドッグフードも時間がたつと酸化します
酸化したフードを食べ続けるのは体に
悪影響を与えてしまいます。

 

 

開封後はなるべく冷蔵庫で保管して
1ヶ月以内で食べきることが理想と言われています。

 

 

ケガや病気が原因

ケガや病気が原因で爪を噛んでいることもあります。

 

足先に炎症が起こっていたり、散歩の途中で
肉球を傷つけてしまうことも原因になります

 

何らかの病気で指先に腫瘍ができているのが原因で
ずっと爪を噛んでいたといったケースもあります。

 

気になった場合には早めに動物病院を
受診することも大切ですね。

 

 

指や肉球の間に物がはさまってる

犬にとって足の先端や肉球はとても敏感です。

 

愛犬がそばで寝ているときなどに、イタズラで
肉球をコチョコチョっとやったりするんですが

 

「なにするの!?」って感じで、ピクっと反応します。

 

 

肉球の間に小石やトゲなどがはさまっていると
しきりに舐めたり噛んだり、気にするしぐさをみせるので
指と肉球の間や足裏をチェックしてあげましょう。

 

 

犬が爪を噛むのをやめさせる方法

爪噛みが続いてしまうとケガをしたり
傷ができて細菌が入り、化膿してしますこともあります。

 

爪を噛んでいるのを見つけて注意しても
なかなかヤメてくれないですよね。

 

 

どうしてもやめられないという場合に
爪を噛むこと自体できなくする方法として
エリザベスカラーを付けるというのがあります。

 

爪を噛む行動はできなくなりますが
犬は別のストレスがかかる可能性があります。

 

 

別の対策として靴下を履かせる方法です
室内にいるときは常に靴下を履かせることで
爪を噛むことができなくなります。

 

ただ、靴下を破いてしまったり
器用に脱ぐこともあるので、飲み込まないように
注意して見ておくことが必要になります。

 

 

1番効果的な方法として
お酢を水で100倍に薄め、塗ることです

 

犬がニオイや爪を噛んだときの味で
美味しくないと感じ顔を近付けなくなるので
すぐに爪を噛むのをやめるようになります。

 

 

まとめ

犬が爪を噛んでしまう行動には
いろいろな原因があります。

 

ちょっとしたストレスで始まったことが
クセになってずっと繰り返してしまう子もいます

 

 

爪を噛んだり、足を舐める様子が気になったら
早めに原因を見つけてヒドくなる前に
とめてあげるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

アドセンス

-しぐさ・行動

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.