病気

犬が寒い時期にかかる病気。震える原因は寒さじゃないかも?

投稿日:

 

犬が寒い時期にかかる病気。震える原因は寒さじゃないかも?

 

 

 

犬が暑さに弱い動物ということは
知っている人も多いんじゃないでしょうか?

 

 

汗をかいて体温調節するのが苦手だからなんですね
主に汗をかくのが鼻の先っぽと肉球ぐらい。

 

 

 

じゃあ逆に寒さに強いかというと、そうでもないんです
寒さにめっぽう弱い犬種もいます。

 

 

寒さが厳しい季節になると体調が悪くなるのは
人間も犬も同じなんですね。

 

 

犬の場合はパッと見ただけだと分かりにくい病気に
なることが多いので気をつけてあげないといけません。

 

今回は犬が寒い時期にかかりやすい病気や
対策などを紹介していきますね。

 

 

 

 

犬がおしっこしたときチェックしてますか?
病気のサインかもしれないので見るようにしましょうね

犬のおしっこが臭い?色が変?それは病気のサインかも

 

 

 

犬が冬に寒いと病気になりやすい理由

 

寒くなってくると運動量が少なく感じませんか?

 

お気に入りの場所で丸まって寝ていたり
暖房器具の前から動かなくなったり

 

 

我が家の愛犬もヒーターつけると
目の前に陣取ってスヤスヤ寝始めます

 

『鼻がカラカラになってるよ』
なんてことも

 

 

 

まったり過ごしている姿は可愛いんですが
こんな生活習慣が病気やケガの原因になることもあります。

 

 

 

冷たい空気がノドなどを刺激しやすい

 

冬は気温が低く、空気が乾燥しているので
鼻やノドの粘膜の働きが弱くなり、ウイルスに対する
抵抗力が低くなってしまうんです。

 

鼻やノドが刺激に敏感になり
鼻炎や咳などの症状がでます。

 

 

部屋でエアコンなどの暖房器具を使っているなら
ときどき換気をしたり、加湿器を同時につけて
湿度が下がりすぎないように気をつけましょう。

 

 

水をガブガブ飲んでいるようなら
乾燥しすぎが原因かもしれませんよ。

 

 

 

ウイルスに感染しやすい

 

ウイルスが好むのは気温や湿度が低い状態です

乾燥した空気でウイルスが軽くなり、身の回りを
漂いはじめます。

 

 

寒さで体温が低くなると、体の抵抗力が弱まり
ウイルス感染しやすくなります

 

体力が落ちた老犬や抵抗力が低い子犬は
特に注意が必要です。

 

 

湿度計でこまめに湿度をチェックしたり
加湿器の他にも、洗濯物の部屋干しなどで
乾燥対策していきましょう。

 

 

 

水を飲む量が減る

 

寒くなると丸まってじっとしてることが多くなります
動かないとノドも渇かず水を飲む量も少なくなってきます

 

 

水を飲まない→おしっこがあまり出ない
という悪い流れで、泌尿器系の病気にかかることも。

 

 

 

水をあまり飲まない場合は
フードに水をかけてふやかす、茹でた野菜を混ぜる
などで対策できます。

 

飲み水に犬用ミルクを混ぜてあげると
喜んでガブガブ飲んでくれるのでオススメです。

※与えすぎは肥満の原因になるので注意して下さいね

 

 

 

運動不足になりがち

 

寒いと散歩に行くのもツライですよね

 

「ちょっと短いけど今日はこれぐらいでいっか」と

距離も回数も少なくなると運動不足になります。

 

 

筋力もおとろえ、急な動きをしたときに
関節を傷めたり神経の疾患にかかりやすくなります。

 

 

室内で軽い運動をするなど、運動不足に
ならないように注意しましょう。

 

 

 

 

寒い季節に注意したい病気

 

泌尿器系の疾患

 

寒くなると水を飲む量が減り
泌尿器系の疾患にかかりやすくなります。

 

 

おしっこをすることで尿道や膀胱についた
細菌を洗い流しています。

 

おしっこの量や回数が少なくなると
細菌が増えて病気になりやすいんですね。

 

 

 

オスは尿道が長く先細りになっているので
結石が尿道につまって、おしっこが出にくくなります。

 

 

逆にメスは尿道が短いので膀胱炎に
なりやすいと言われています

おしっこの時にペタっと地面に座るしぐさも原因です。

 

 

 

外でおしっこをする犬は、散歩の量や回数が減ることで
我慢する時間が長くなるのも良くないです。

 

トイレシートにできるようにトレーニングするか
きちんと散歩につれて行ってあげましょう。

 

 

 

おしっこの量や回数に変化があったり
においがキツイ、色が濃くなった、などがあれば
動物病院で診てもらったほうがいいですね。

 

 

 

 

心臓循環器系の疾患

 

寒さは心臓に大きな負担をかけてしまいます

 

人間の場合でも、冬場にお風呂に入ろうとして
温かいリビングから急に寒い脱衣所で服を脱いで倒れた
というのを聞いたことがあると思います。

 

特に心臓に病気がある犬は寒さに注意が必要です。

 

 

 

心疾患は症状が分かりにくく発見が難しい病気です

 

急に冷え込んだときなどに咳がでる
短期間で体重が大きく減ったといった症状が目安になります。

 

 

毛の長い犬種は外から見ただけだと
体重の変化に気付きにくいので、こまめに
体重を測るなど注意してみてあげましょう。

 

 

 

 

呼吸器系の疾患

 

気温が低く乾燥している冬は、外からの呼吸器に対する
刺激が強くなり抵抗力が弱くなっています。

 

 

チワワやパグなどの寒さに弱い犬種は注意が必要です

症状としては鼻水が出ていたり、咳が激しい場合などは
早めに病院につれて行ってあげて下さい。

 

 

換気をしたり、加湿器などの乾燥対策で
病気予防をしましょう。

 

 

 

 

関節などの疾患

 

寒くて散歩の時間が短くなったり
回数が減ってくると運動不足になりがちです。

 

運動不足によって関節が弱くなったり
温まっていない状態で急に動いてしまし
ケガをする恐れもあります。

 

 

高齢の犬や肥満気味の犬は特に注意しましょう。

 

 

 

散歩に行っても歩くのを嫌がったり
足を動かすと痛がったり、触るのを嫌がるしぐさをみせたら
関節炎などで痛みがあるのかもしれません。

 

 

犬にとってフローリングは滑りやすくて
関節を痛める原因にもなってしまいます

転んでしまう前にカーペットを敷くなどの対策をしましょう。

 

 

 

 

伝染病の疾患

 

冬場はウイルスが活発に活動する時期です

 

伝染病を完全に予防できるわけではないので
予防接種をしているからといって油断はできません。

 

 

 

生後2ヶ月前後の子犬は免疫がないので
予防接種する前は他の犬との接触は避けたほうがいいです。

 

 

 

急に元気がなくなり、高熱が出て下痢をする
激しく嘔吐したり血便をするなどの症状がでます。

 

 

 

感染しても症状が軽くすむようにしてくれるのが
予防接種です。

 

体力が衰えていて、抵抗力が落ちていると安心できません
日頃から健康に気をつけて、病気に負けない体を
つくることが大切です。

 

 

 

 

まとめ

 

暑さに弱く寒さに強いイメージのある犬ですが
寒くて体調を崩してしまうこともあります。

 

 

秋から冬にかけては気温も低くなっていき
空気も乾燥してウイルスも活発になります

 

体温が下がり免疫力の低下で病気にかからないよう
日頃からの健康管理が大切ですね。

 

 

 

病気を予防するためには、しっかりと水分をとらせ
換気や加湿で乾燥対策するのがいいですよ。

 

 

ちょっとしたことを心がけていくことで
病気は防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-病気

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.