病気

犬の口が臭い?歯石の除去にかかる費用や治療法

投稿日:

 

犬の口が臭い?歯石の除去にかかる費用や治療法

 

 

 

『臭っ!!』

 

 

犬に顔を近づけたとき思ったことありませんか?
何かにおいがキツくなってきたなと感じたら

歯石がたまってるのかもしれないですよ

 

 

歯垢・歯石はそにままにすると歯周病や
色々な口のトラブルになる可能性があります。

 

 

まずは歯垢・歯石を予防することを考えて下さい
出来てしまったものはキレイに取ってあげましょう。

 

 

 

犬の歯石の除去は動物病院で
全身麻酔をかけてするのが一般的です

 

 

麻酔についてはこちらの記事に書いています

犬が手術をするとき麻酔は何歳まで大丈夫?全身麻酔のリスクとは

 

 

 

 

歯石ってどんなもの?

 

愛犬の口が臭いなと感じたら、口の中を見て下さい

 

歯の表面に黄色や茶色のザラザラしたものが
付いてませんか?

それが歯石です。

 

 

歯石は歯垢が固まったもので歯周病の原因にもなります
3歳以上の犬の約8割が歯周病と言われています

これってかなり多いですよね 驚きます。

 

 

 

歯周病が進むと、細菌の毒素が血液に入り込んで
心臓・肝臓・腎臓の病気、がんや骨粗鬆症といった
怖い病気の原因になります。

 

 

 

歯石がたまる原因は?

 

口に残った食べかすが歯垢になり
歯垢が固まったものが歯石です。

 

 

歯垢はやわらかいので歯磨きで簡単にとれますが
固くなった歯石はそうはいかないんです

 

歯石は表面がザラザラしていて汚れがつきやすく
どんどん重なって大きくなってしまいます。

 

 

 

歯垢が歯石になるまで3~5日と言われています
この間にキレイにしてあげれば歯石になりにくいです

 

一度歯石になると歯磨きでは簡単に
落とせなくなるので注意が必要です。

 

 

 

 

歯石を除去するときの費用は?

 

歯石除去をするにあたって費用はどれくらいかかるのか?
気になるところですよね。

 

 

治療の内容や病院によって違いはありますが
3~5万円が相場になっています。

 

 

 

費用に開きがあるのは、歯石の付き具合や
体重によっても料金が変わってきます。

 

小型犬よりも体重の重い大型犬のほうが費用は高くなります

 

 

歯石の除去は安全に行うために
全身麻酔をかけるのが一般的です

 

麻酔の分量が多くなるので大型犬のほうが高いんです
それに、口の中も大きく処置が大変なのも理由です。

 

 

追加料金

 

  • フッ素

 

せっかく歯石を除去しても、また付いてしまったら
意味がないですよね

 

歯石が付かないようにするには
毎日の歯磨きなど、ケアはかかせませんが
付きにくくするためにフッ素でのコーティングがあります。

 

 

  • 抜歯

 

歯石除去の前にレントゲンを撮るので
抜歯に関しては事前に説明があると思いますが

 

歯石によって支えられていた歯が
除去したことでグラグラし始める場合があります

 

そのときは急きょ抜歯することになります。

 

 

 

 

歯石除去の方法

 

歯石の除去をする場合には、麻酔をかけて行うか
無麻酔で行うかの2つの方法があります。

 

 

多くの病院では全身麻酔をかけて歯石の除去をしますが
麻酔のリスクがない無麻酔で行う病院も増えてきています。

 

どちらの方法にも良い点、悪い点がありますので
説明していきます。

 

 

 

麻酔をかけての歯石除去

 

メリット 犬に痛みがなく、キレイに安全に取れる
デメリット 麻酔をかけることのリスクがある

 

麻酔をかけているので犬が暴れるなどの危険がなく
キレイに除去することができます

 

ただ、麻酔は体に大きな負担をかけてしまいます
心臓が弱い子や、パグやブルドッグなどの犬種は
注意が必要になります。

 

 

 

無麻酔での除去

 

メリット 麻酔によるリスクがない
デメリット 犬に痛みがあり、細かい部分の除去が難しい

 

 

歯石の除去には当然痛みがあります
人間でも歯医者が嫌いな人は大勢いますよね

 

 

動かないように体を押さえつけられて
口の中をガリガリやられるのは、犬にとって
そうとうなストレスや恐怖だと思います。

 

奥のほうや細かい部分の歯石除去は難しく
じっとしていないのでケガの恐れもあります。

 

麻酔をかけた場合と違って一回の治療で
全部の歯石を取ることができません

何回かに分けての通院が必要です。

 

 

 

私も愛犬の歯石除去のために
無麻酔で処置してくれる病院に通ったことがあります

 

車が病院の近くにきただけで
悲しげな鳴き声をあげて騒いでいました

普段は大人しい犬だったので
そうとう嫌だったし、怖かったんだなと思います。

 

 

その子はもう亡くなってしまいましたが
今いる子たちは毎日歯磨きするようにしています。

 

 

 

 

 

歯磨きの方法

 

今は毎日犬の歯磨きをしていますが
オススメの方法や道具などを紹介していきます。

 

これから歯磨きを初めようとする場合は

 

いきなり歯ブラシを突っ込むのはダメ

 

 

歯磨き=嫌なこと と覚えてしまうと
次から簡単に触らせてくれなくなります。

 

 

まずは、口まわりを撫でることから始めます
鼻とか口って触られるのを嫌がる子もいます

 

少しずつ慣らして、嫌がる前にやめましょう
大人しくしていたらほめるのを忘れずに。

 

 

犬が触られるのに慣れてきたなと思ったら

ペースト状やジェル状の歯磨き粉を
指につけて舐めさせます

 

最初は、ただ舐めさせるだけでいいですよ。

 

 

だんだんと前歯につけたり、犬歯の方につけたり
少しずつ口に入れるのを慣れさせます。

 

 

歯ブラシが嫌いな子もいる

 

歯磨きといえばやっぱり歯ブラシでするのが
1番いいんですが、苦手な子もいます

 

磨く部分が小さくなっている犬用もありますが
ダメな子はなかなかさせてくれません。

 

 

我が家の愛犬も大人しくさせてくれないです
磨こうとするとガジガジ噛んで
歯磨きにならないんですよね。

 

 

そんな時は指にはめるタイプがおすすめです

 

指サックのようになっていて、先のほうに
柔らかい毛がついています

 

歯ブラシよりも簡単に磨けるので
苦手な子にはいいと思います。

 

 

 

歯石取りスプレー

 

直接スプレーして歯ブラシで磨くタイプ

口の中にスプレーするだけのタイプ
などがあります。

 

 

毎日行う必要があり、半年ほど続けないと
いけないので時間がかかります。

 

 

飼い主さんが道具を使って歯石を取ろうとすると
歯や歯茎を傷つける危険があるので
スプレータイプだと安心してできますね。

 

 

 

 

 

歯石取りジェル

 

塗り込んで歯石を浮かせるタイプ

オイルで歯石を溶かすタイプ
などがあります。

 

スプレーと同様に歯や歯茎を傷つける
心配がありません。

 

 

 

何度も歯石除去をしなくていいように

 

せっかく動物病院で歯石の除去をしてもらっても
ほとんどの犬は1年程度で除去する前と同じぐらいに
歯石が付いてしまうと言われています。

 

 

犬の歯石除去は人間と比べて費用が高いし
麻酔を使う場合は体に大きな負担をかけてしまいます

最悪、死亡してしまうリスクもあります。

 

 

 

犬の場合たった3日で歯垢が歯石に変わってしまいます
今と同じような生活を続けていると
また歯石除去をしてもらわないといけなくなります。

 

 

「歯石予防ガムを与えているから大丈夫」と
思っている飼い主さんがいるかもしれませんが

 

歯石予防にはガムだけでは不十分です
丁寧に歯磨きしてあげて、歯垢を残さないことが大切です。

 

 

 

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-病気

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.