病気

犬のヘルニアの症状や治療法

投稿日:

 

犬のヘルニアの症状や治療法

 

 

犬の椎間板ヘルニアとは?

 

犬も人間と同じようにヘルニアのになります。

 

 

ヘルニアにも色々な種類がありますが
犬がなりやすいヘルニアは椎間板ヘルニアです。

 

 

 

椎間板とは、

背骨の骨と骨がぶつからないように
クッションの役割をしているゼリー状の組織のことです。

 

 

クッション材の椎間板が変形して潰れてしまった状態が
椎間板ヘルニアです。

 

 

激しい痛みや、重い症状になると
神経が麻痺して手足に力が入らなくなり
歩けなくなることもあります。

 

この記事ではヘルニアの症状や治療などについて
紹介していきます。

 

 

 

 

 

愛犬の口臭が気になったことはないですか?
原因や対策についてはこちらで書いています

犬の口臭の対策!口が臭い原因は?

 

 

 

 

 

 

犬の椎間板ヘルニアの症状

 

椎間板ヘルニアの主な症状について紹介します。

 

抱っこを嫌がる

 

ヘルニアを発症した多くの犬がみせる症状です
動かしたり触ったりしただけで痛みがでるので
抱っこを嫌がるようになります。

 

 

愛犬が嫌がる素振りをみせたら、ヘルニアに
なっているかもしれません。

 

 

歩き方がおかしくなる

 

いつもはテクテク歩いていたのに、ヨロヨロして
まっすぐに歩けなくなり早さもとてもゆっくりになります。

 

痛みがでるので足をかばって引きずるように歩きます
フラフラしてしっかり歩けないようになると注意が必要です。

 

 

麻痺をおこす

 

ヘルニアでもっとも症状が重く、完全によくなるのが
難しい状態です。

 

トイレがうまくできなくなったり
足をつねっても痛みを感じなくなります。

 

 

 

 

ヘルニアのグレード

 

椎間板ヘルニアは重症度によって5つのグレードに分けられます。

 

特にグレード4とグレード5では治療後の
回復率が全然違います。

 

 

グレード1 散歩などの運動を嫌がるようになる
それまでできていた段差の昇り降りができなくなる
グレード2 歩くことはできますが、足先をすったり
フラフラ歩くようになります
グレード3 自分で後ろ足を動かせなくなり、引きずって
前足だけで歩くようになります
グレード4 自分でおしっこできなくなり、垂れ流しのようになります
グレード5 深いところの痛覚までなくなった状態です
後ろ足を強くはさんでも痛みをかんじなくなります

 

 

 

 

 

犬の椎間板ヘルニアを予防するには?

 

ヘルニアになると、トイレができなくなったり
歩けなくなってしまったり

犬にとっても、飼い主さんにとっても
とてもツライ状況になってしまいます。

 

 

ちょっとしたことで予防することができるので
ぜひ取り入れてみて下さい。

 

 

 

フローリングに滑り止めをする

 

最近の住宅は畳が減ってフローリングが
多くなっています。

 

 

犬にとってフローリングって滑るんです
滑ってしまうことで足腰を痛めやすくなります。

 

 

犬がよく歩く場所に滑り止めのマットなどを
敷くことで対策できます。

 

 

 

段差にはのぼらせない

 

階段やベッドにはのぼらないように
しつけをしましょう。

 

階段を上り下りしたり、段差から飛び降りたとき
腰には大きな負担がかかっています。

 

 

普段から段差にのぼらないようにしつけることで
ヘルニアなるのを予防できます。

 

 

 

うちは2階建てですが、自分で階段を
のぼらないようにしつけています

2階につれていくときには、抱っこしています。

 

 

 

体重に気をつける

 

肥満もヘルニアの原因になります。

 

 

知り合いの家のダックスフンドは
太りすぎが原因でヘルニアになってしまいました。

 

 

肥満の簡単なチェック法として
背中をなでたときに、背骨がすぐにわかることと

腰のくびれがあるかどうかで判断できます。

 

 

自分で分かりにくいときは、動物病院に行った時に
獣医さんに聞いてみるといいですよ。

 

 

 

 

犬のヘルニアの治療法は?

 

症状が軽い場合は、「投薬治療」や「温熱療法」で
様子をみることが多いです。

 

 

急性で痛みが強いケースでは、炎症をおさえたり
痛みを鎮める薬で症状がおさまるのを待ちます。

 

痛みが和らいでから温熱療法が行われます。

 

 

重症化している場合には、原因になっている
椎間板物質を取り除く手術をすることになります。

 

 

麻酔をすることになるので、体には
大きな負担がかかってしまいます

軽いうちに病院に連れていくようにしましょう。

 

 

麻酔についてはこちらの記事に書いています
犬が手術をするとき麻酔は何歳まで大丈夫?全身麻酔のリスクとは

 

 

 

 

犬のヘルニアは自然に治る?手術が必要なの?

 

ヘルニアは自然に治ることはありません
重症化する前に、早めに動物病院で
診てもらうようにしましょう。

 

足を引きずる症状があると
手術をすすめられることが多いです。

 

ただ、体力が落ちている高齢犬の場合
手術に耐えられないケースもあります

 

獣医さんとよく相談することが大切ですし
手術を「しない」、病気と付き合っていくという
選択をすることも。

 

 

 

 

犬のヘルニア、ダックスフンドはなりやすい?

 

椎間板ヘルニアになりやすい犬種もいます
一緒に生活している飼い主さんは特に注意が必要です。

 

 

なりやすいのは胴長短足の犬種

 

  • ブルドッグ
  • ビーグル
  • ウェルシュ・コーギー
  • アメリカンコッカースパニエル
  • ダックスフンド

 

足が短くて胴が長い犬は、普通の犬種よりも
椎間板ヘルニアになりやすいです。

 

 

特にダックスフンドは腰に負担がかかりやすく
なりやすいと言われいるにで注意しましょう。

 

ソファーぐらいの高さから飛び降りただけで
発症してしまうことがあるので

なるべくのぼらないようにしつけましょう。

 

 

最悪の場合、歩くことができなくなり
車椅子を使わないといけなくなります。

 

 

激しい運動はひかえるようにし、散歩に行くときには首輪ではなくて
ハーネスを使うなどで腰の負担がかからないように
してあげて下さい。

 

 

 

ヘルニアに鍼が効く?

 

鍼(はり)治療って聞くとどんなイメージですか?

 

「気休め程度でしょ?」

 

「効果がでるまでに時間がかかりそう」

 

そんな風に考えている人も多いんじゃないでしょうか?

 

 

でも、犬のヘルニア治療にオススメしたいのが
鍼治療なんです。

 

 

後ろ足が麻痺して歩けなかった犬が
散歩に行けるようになったり

以前のように走れるようになった
という例もあるんです。

 

 

2ヶ月ぐらい通院すれば、だいたい効果が出るそうです。

 

手術と違って後遺症が残る心配もなく
犬にとって負担が少なく、安全性の高い治療法です。

 

 

鍼治療でよくなる子は7割もいるそうです。

 

 

 

 

まとめ

 

椎間板ヘルニアが重症化すると、とても大変です。

 

 

  • 触ったり、抱っこすると嫌がる
  • 足を引きずったり、フラフラ歩く
  • トイレがうまくできなくなり、痛みを感じていないよう

 

 

このような症状がみられたら、できるだけ早く
治療ができる病院につれて行ってあげて下さい

 

自然に治ることはなく、どんどん悪化してしまいます。

 

 

フローリングには滑り止めのマットを敷く
段差や階段はのぼらせないなど
ちょっとしたことで対策できます。

 

 

適度な運動をしたり肥満にも気をつけて
普段から予防するようにしましょう。

 

 

ヘルニアは早い段階で発見し
症状が軽いうちに治療することが大切です

愛犬に異変がないか、よく観察してあげて下さい。

 

 

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-病気

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.