病気

犬のアレルギーは治るのか 原因や症状は?

更新日:

 

 

犬のアレルギーは治るのか 原因や症状は?

 

ペットに関するアレルギーといえば猫アレルギーが有名ですよね。
でも犬にもアレルギーが存在するってご存知でしたか?

 

 

ペットブームということもあり犬を飼う人が増えてきました
それに伴い犬との接し方についても変化してきています。

 

 

 

以前は家の庭に犬小屋を置いて
番犬という役割で飼う人が多かったのですが

 

現在では住宅事情やペット可のマンションが増えたこともあり
室内で一緒に生活をし、癒やしを求めるための
愛玩動物という役割に変わっています。

 

 

 

犬との距離が近くなったことにより
アレルギー症状が出て、ぜんそくや湿疹になる
という事例が増加しています。

 

 

今回は犬アレルギーの原因や症状についてまとめました。

 

※この記事で扱っている「犬アレルギー」とは、
人間が発症するアレルギー反応のことです

犬が発症するアレルギーではありません

 

 

 

犬アレルギーとは?

 

犬アレルギーとは、人と犬が接することで
犬の持つアレルゲンによってアレルギー反応が
引き起こされた状態をいいます。

 

 

アレルギー反応とは、体内に入ってきた異物(アレルゲン)に対し
免疫が過剰に反応した結果、人を苦しめてしまう現象のことです。

 

 

犬アレルギーの症状とは?

 

軽い症状

  • ゼーゼーという呼吸(喘鳴)
  • 目のかゆみ・充血
  • くしゃみ
  • 鼻水・鼻のムズムズ
  • 皮膚のかゆみ・湿疹

 

風邪をひいたときや、虫刺されに似ていて
アレルギー症状とは分からず原因の特定が遅れることが多いです。

 

これらの症状が悪化すると、以下のような重い症状に
つながることもあります。

 

 

重い症状

  • 下痢
  • 嚥下困難
  • めまい
  • 吐き気・嘔吐
  • 心拍数の増加
  • 呼吸困難

 

これらは軽い状態の時に比べはっきりと症状が出ます。

 

特に呼吸困難に陥った場合は大変危険です
すぐに病院に行かないと死に至る恐れもあります。

 

 

一旦症状が出ても犬から離れて、原因のアレルゲンが
体内に入らなくなれば徐々に症状はおさまります。

 

しかし、再び犬に近づいてアレルゲンが体内に入れば
体が反応してしまいアレルギー症状がでます。

 

 

 

犬アレルギーの原因

 

アレルギーの原因というと「犬の毛」と考える人も多いですが
正確にいうとこれは間違いです。

犬の毛に付着したアレルゲンが原因でアレルギー反応を
引き起こしているという表現が正しいです。

 

 

最近の研究では、他の物質もアレルギーを引き起こすことが
分かってきました。

犬から発生するフケ、垢、唾液、糞や尿なども
アレルギーの原因だと言われています。

 

 

犬アレルギーは治る?

 

犬アレルギーの治療には「減感作療法」と「対処療法」
があります。

聞き慣れない言葉ですが、花粉症の治療を思い浮かべると
分かりやすいでしょう。

 

 

残念ながらアレルギーそのものを治す「特効薬」はありません

 

出た症状を一時的に抑える薬や、極力症状が出ないように
体質を変えていくための治療になります。

 

 

対処療法

 

対処療法とは根本的に改善するのではなく
薬を服用して症状を軽くしたり抑えたりする治療です。

 

当然、治すわけではないので症状が出ている間は
塗り薬や飲み薬、目薬などを使い続ける必要があります。

 

 

減感作療法

 

減感作療法とは、アレルギー反応の原因となる物質を
少しずつ体内取り入れ、だんだんと量を増やしていくことで
慣らしていき、アレルギー反応を徐々に減らす方法です。

 

数ヶ月~数年継続して通院する必要があるのですが
犬アレルギーの場合、なかなか効果が出ないと言われています。

 

さらに数年間続けても成功する保証がなく、治療を受けられる病院も
多くないのが欠点です。

 

 

犬アレルギーの予防

 

犬を飼う前にできること

犬アレルギーを予防するために事前に
検査を受けておくことをお勧めします。

 

アレルギー反応が出ても、その原因が犬によるものなのか
犬に付着した花粉などのアレルゲンなのか
はっきりしないことがあります。

 

何が原因でアレルギー反応を起こしているのか明確になれば
この先犬を飼うことができるかの判断材料になります。

 

検査方法

  • プリックテスト

皮膚に出血しない程度の穴をあけ、皮膚の表面に
アレルゲンを置いて反応を確認する検査です。

検査結果は15分ほどで出ますが、血液検査ほど
はっきりした結果はでません。

 

  • RASTテスト

少量の血液を採取し、アレルギー反応レベルを調べる検査です
注意する度合いを把握できますが結果が出るまでに
1週間ほどかかります。

 

 

まとめ

 

自分や家族が突然犬アレルギーを発症し、犬を飼い続けるか
手放すか悩むケースも増えています。

場合によっては命を落とす危険もあり、治すこともできず
症状に苦しみ続けることになります。

検査で犬アレルギーと診断されたら家族でしっかりと
話し合い、対策を考えて下さい。

 

これから犬を飼おうという人は、安易に考えたりせず
事前にアレルギー検査を受け、大切な家族を
迎え入れて下さい。

 

 

 

犬アレルギーの対策についてはこちら

犬アレルギーでも対策すれば飼える!

 

 

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-病気

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.