しつけ

無駄吠えのしつけ方 要求吠え

更新日:

無駄吠えのしつけ方、要求吠えについてご存知でしょうか?

 

 

a0007_000699

 

 

 

あなたは知らず知らずのうちに間違った行動を取っているかもしれません

 

今回はそんな「要求吠え」について解説していきます

 

 

 

要求吠えとは?

 

 

例えば、「ご飯が欲しい」 「ここから出して」 「構って欲しい」等と

 

 

何かを要求するときに犬は吠えます

 

 

それを「要求吠え」といいます

 

 

飼い主さんとしては、うるさい 近所迷惑だ 早く鳴き止んで欲しい

 

というような感情から

 

 

ご飯をねだられたら与える

 

構ってといわれたら遊んであげる

 

 

 

このような行動を取っていませんでしょうか?

 

 

 

もしそうだとしたら、すぐにヤメて下さい

 

 

犬の要求通りにしては絶対ダメです

 

 

 

要求吠えに従ってしまうと

 

 

犬は「吠えれば要求が通るんだ」と学習してしまい

 

どんどんエスカレートしていってしまいます

 

 

 

ではどうすればいいでしょうか

 

それは、徹底的に無視します

 

 

吠えてる間は目も合わせないようにして知らん振りです

 

 

 

 

リーダーになりましょう

 

 

 

犬はテリトリーの中で順位を付けます

 

 

あなたが毎回要求通りの行動をしていると

 

 

犬は「自分の方が上なんだ」と認識し

 

いうことを聞かなくなります

 

 

 

これは要求吠えだけではなく

 

 

オスワリやマテ等の指示にも従わなくなるでしょう

 

ですので犬の思う通りにさせない

 

 

 

ご飯や遊び等、何かする時はこちらに主導権があることを

 

 

犬に認識させることが大事です

 

 

 

 

食事の時間

 

 

 

毎日同じ時間に食事を与えていませんか?

 

 

まぁこれは悪いことではありませんが

 

その時間になると吠え出しますよね

 

 

 

時計が見えるわけでもないのに不思議ですよね

 

 

 

うちの犬も食事の時間が近づくと吠えてました

 

 

上でも書きましたが、こういう時は吠え止むまで無視です

 

絶対に途中で食事を与えてはいけません

 

 

「吠えれば食事をもらえる」と学習してしまいます

 

 

 

あなたがリーダーですので、食事のタイミングは

 

 

リーダーが決めなくてはいけません

 

 

 

無視していれば犬は「吠えても良いことはない」と学習し

 

吠えるのを止めるようになります

 

 

吠え止んだ時に食事を与えると

 

 

 

「吠えなければ良いことがある」と学習し

 

 

だんだん吠えなくなります

 

 

 

ですが、すぐに出来るようになるわけではありません

 

 

 

今日出来ても明日になったらまた吠えるかもしれません

 

 

でも途中で与えてはいけません

 

 

振り出しに戻ってしまうだけです

 

吠え止むまで徹底的に無視して下さい

 

 

 

他の場面では?

 

 

 

今回は食事の場面について解説しましたが

 

 

散歩の時間に吠える、構って欲しくて吠える

 

このような場合でも対策は同じです

 

 

吠え止むまで無視しましょう

 

そうすれば次第に吠えなくなります

 

アドセンス

アドセンス

-しつけ

Copyright© 犬のしつけ方を学んで楽しい生活happy dog life , 2019 All Rights Reserved.